第14回荻窪講談大盛況終了!ご来場ありがとうございました!


今回も多くの皆様のお運びを頂き、第14回の公演も大盛況のうちに終演いたしました。ご来場大変ありがとうございました。前回第13回に、真打ち披露を行い、病気休養に入っていた神田紅葉が、急所登壇というサプライズがありました。
演目はみのり「桃井源太左衛門」から開始、宮本武蔵を主人公とする武芸物「寛永宮本伝」の13話、さわりのみの披露でしたが、楽しく力強い話芸で、続きがとても聞きたくなる熱演でした。続いては真紅による「常陸山谷右エ門」。新横綱稀勢の里の枕から、明治時代、水戸の伝説的力士の出世話。同郷の真紅による水戸愛に溢れる熱弁が光りました。
その後紅が登場、末期癌と戦う講談師として幾多のメディアに取り上げられていることを紹介し、飛び入りの紅葉の登場となります。演目は小泉八雲による有名な「耳なし芳一」。病を微塵も感じさせない力強く流暢な語りで、30分に渡る話を、聴衆釘付けに語りきりました。正に真打ちの講釈と会場からも万雷の拍手が湧きました。
中入り後は、京子の登場、自身の初産体験の枕から、演目は軍記物「源平盛衰記」より「青葉の笛」。源平合戦、平家滅亡が近づく中、一ノ谷の戦いにおいて源氏の武将熊谷次郎直実が平家の若武者、平敦盛を自責の念にかられつつ打ち取る姿を悲哀に溢れた語りで演じました。
大トリ前の鯉風は、「江戸元祖練り羊羹」。江戸の時代、出世払いを約束する「出世の証文」に悩まされつつ大成功を収める生真面目な商人、淡路屋喜三郎の出世話。鯉風のテンポのよく軽妙な名人芸が聴衆を唸らせました。
大トリ紅は、「春日局 家光養育」。徳川三代目将軍の座を有望視された竹千代(のちの家光)でしたが、その座が危なくなる中、乳母であったお福(のちの春日局)の熱意と竹千代の器量により、大御所家康のお墨付きをもらうまでの騒動顛末記。それぞれのキャラクターの個性が光る楽しい名人芸に会場も大いに湧きました。お客様から万雷の拍手をいただきまして大団円です。今回もご来場ありがとうございました。次回15回公演は来年平成29年11月1日(水)です。またのご来場をお待ちしています。
(写真はクリックで拡大し、拡大後クリックで次に飛びます)

photo by saito(たのはぐ会)

第13回荻窪講談大盛況終了!ご来場ありがとうございました!


321a1767今回も多くの皆様のお運びを頂き、第13回の公演も大盛況のうちに終演いたしました。ご来場大変ありがとうございました。今回は神田紅葉真打披露公演ということで、たのはぐ会より寄贈した記念幕をバックに開催されました。最初に、またも起こし頂いた福島県矢吹町の町長、議長と、たのはぐ会八重幡会長、神田紅と登壇し、恒例の義援金の贈呈を行いました。
演目は紅佳の「曽我物語」から開始、曽我兄弟の仇討名場面が熱演され、開場も温まりました。続いては蘭による「鼓ヶ滝」、和歌の名手と知られる西行法師の不思議な体験が、蘭の軽妙な芝居で綴られました。山吹は最も旬な真田幸村がらみの「猿飛佐助」。忍びとして幸村に出会うまでの数奇な話、山吹の生き生きした佐助が光りました。
茜はお馴染みの創作講談、婚期を逃したバスガイドの悲哀をコミカルに語りました。開場に笑いも起こり講談会も華やぎました。そして中入りには、壇上に出演者後援者が揃い踏みし、今回の主役、紅葉の真打ち披露口上が神田一門により行われました。
中入り後は、師匠紅がトリ前に初登場。お馴染みの赤穂浪士伝より、今回は「堀部安兵衛の妻」。四十七士最長老であった安兵衛が妻の内助と愛に支えられ討ち入りを果たす涙の物語、紅の熱演も今日ばかりは次を支えるものとなりました。
そして大トリは真打ち紅葉の登場です。演目は「樋口一葉作 大つごもり」貧しくも健気に生きる少女の葛藤にはらはらし、最後はほろりとさせれました。紅葉一世一代の襲名披露公演にふさわしい熱演で、お客様からも万雷の拍手をいただきまして大団円です。今回もご来場ありがとうございました。次回公演は来年平成29年5月18日(木)です。またのご来場をお待ちしています。
(写真はクリックで拡大し、拡大後クリックで次に飛びます)
321a1759

photo by saito(たのはぐ会)

第12回荻窪講談大盛況終了!ご来場ありがとうございました!

今回も多くの皆様のお運びを頂き、第12回の公演も大盛況のうちに終演いたしました。ご来場大変ありがとうございました。恒例の「講談やってみまショー」に続き、今回は紅佳振袖火事』からの開演、意外に知らない恐ろしい逸話と熱演に会場もすっかり温まり、真打ちの紅葉による巴御前では、巴御前の豪快な女武者ぶりに驚かされました。そして『柳沢昇進録・浅妻船』では、絵師英 一蝶(はなぶさ いっちょう)の悲哀に満ちた話と阿久鯉の話芸に涙しました。
また仲入りでは、たのはぐ会八重幡会長、義援金をお渡ししている福島県矢吹町の副町長にご挨拶頂きました。恒例の福島と熊本へのチャリティー義援金募金を行い、ご来場の皆様にご協力頂きました。大変ありがとうございました。今後も支援と交流を継続し、復興支援のお助けができればと思っております。
仲入り後は、山吹『山内一豊・出世の馬揃い』、有名な織田信長の馬揃えにて内助の功で出世する心暖まる話です。山吹の柔らかな話芸で会場もなごみました。そして大トリはによる、『お富与三郎・与三郎殺し』、昭和の名曲「お富さん」からは想像もつかないような、激しく壮絶なお富と与三郎の愛の物語、息をもつかせぬ展開と紅の熱演で一気に読み終わり、大団円となりました。次回第13回荻窪講談は、2016年11月2日(水)開催です。次回もお楽しみ頂けるよう、演者、主催者一同尽力いたします。ぜひご来場ください。
(写真はクリックで拡大し、拡大後クリックで次に飛びます)
紅佳紅葉阿久鯉仲入り山吹紅紅

photo by saito(たのはぐ会)

第11回荻窪講談大盛況終了!ご来場ありがとうございました!

今回も多くの皆様のお運びを頂き、第11回の公演も大盛況のうちに終演いたしました。ご来場大変ありがとうございました。恒例の「講談やってみまショー」に続き、今回はみのりの「吉岡治太夫」からの開演、表情豊かな武家物に続き、松之丞の立ち回りが激しく華やかな「芝居の喧嘩」、そして茜による奇想天外な創作講談、「初恋閻魔」は展開の読めない笑い話が会場をわかせました。仲入りでは、たのはぐ会八重幡会長がご挨拶させて頂きました。また前回に引き続き、義援金をお渡ししている福島県矢吹町の野崎町長はじめ、栗林教育長、諸根町議会議長、鈴木町議会副議長に来場頂き、町長にご挨拶頂きました。今後も支援と交流を継続し、復興支援のお助けができればと思っております。仲入り後は、昌味の「爆裂お玉」、悪党を演じ分ける「味」のある芝居につづき、大トリ神田紅。今回は、冒頭の「講談やってみまショー」で毎回皆様にやって頂いている「真田幸村大阪出陣」、お馴染みの口上も、さすがに本番の名調子は熱が入り、会場からも多くのお声を掛けを頂き盛り上がり大団円となりました。次回第12回荻窪講談は、2016年5月18日(水)開催です。次回もお楽しみ頂けるよう、演者、主催者一同尽力いたします。ぜひご来場ください。
(写真はクリックで拡大し、拡大後クリックで次に飛びます)

photo by saito(たのはぐ会)

第10回荻窪講談大盛況終了!ご来場ありがとうございました!

10回の記念公演、今回も多くの皆様のお運びを頂き、大盛況のうちに終演いたしました。大変ありがとうございました。今回は真紅・紅佳、二人の講談師が2つの講釈台を並べて役を演じる「立体講談」という珍しい形式での演目「秋色桜」で開幕し、蘭による「曲馬団の女」、紅葉による「報恩出世俥」、2篇の人情話にほろりとさせられました。仲入りではたのはぐ会会長、名誉会長がご挨拶させて頂きました。また義援金をお渡ししている福島県矢吹町町長が来場頂きご挨拶頂きました。仲入り後は、陽司の創作講談「徳川3.5代将軍」犬を含めた陽司の熱演に会場が熱くなったところで、大トリは神田紅の怪談「牡丹灯籠・お札はがし」、紅の名調子に加え蘭と紅葉による幽霊と劇的な照明も加わった立体講談が記念公演のトリにふさわしい迫力で締めくくりました。次回第11回荻窪講談は、11月4日(水)開催です。次回もお楽しみ頂けるよう、演者、主催者一同尽力いたします。ぜひご来場ください。
(写真はクリックで拡大し、拡大後クリックで次に飛びます)

photo by saito(たのはぐ会)

第9回荻窪講談盛況終了しました、ご来場ありがとうございました!

02-AB5C0458今回も多くの皆様のお運びを頂き、大盛況のうちに終演いたしました。荻窪講談初出演の「神田みのり」に始まり、第5回以来の出演となった「神田山吹」、第6回以来の「神田紅葉」、「神田陽二」、大トリの「神田紅」まで熱の入った講演となりました。前座のみのり以降すべて「赤穂義士伝」よりの演目を演じるという意欲的な企画、お客さまもお楽しみ頂けましたら幸いです。また仲入りのチャリティー・オークションにも多数のご支援を頂きありがとうございました。
次回公演はいよいよ第10回!2015年6月4日(木)です。次回もお楽しみ頂けるよう、演者、主催者一同尽力いたします。ぜひご来場ください。

03-AB5C0484 04-AB5C0489 05-AB5C0517 06-AB5C0522 07-AB5C0533 12-DSC07106 08-AB5C0549 09-DSC06940

クリックで写真拡大します。

第8回荻窪講談盛況終了しました、ご来場ありがとうございました!

 
今回も多くの皆様のお運びを頂き、大盛況のうちに終演いたしました。荻窪講談も8回を重ねましたが、今回は初めてご来場頂いたお客さまも多かったようで、神田紅による開幕恒例の「講談やってみまショー」コーナーも熱が入り、お客さまにも大きな声を出して頂きました。また、第1回以来の出演となった「神田あっぷる」、二ツ目昇進後初のお披露目となった「神田真紅」にも暖かい声援を頂き、大トリの神田紅まで熱の入った講演となりました。お客さまもお楽しみ頂けましたら幸いです。また仲入りのチャリティー・オークションにも多数のご支援を頂きありがとうございました。当日の写真はこのサイトで後日掲載いたします。しばしお待ちください。
次回公演は2014年11月5日(水)です。次回もお楽しみ頂けるよう、演者、主催者一同尽力いたします。ぜひご来場ください。


たのはぐ会、八重幡会長よりの寄稿です

八重幡 清忠

ごあいさつ

神田紅さんの人生は、まことに深し、単に講談師と即断できず、希有な方である。もちろん、本業は講談師だが女優業の経歴を持ち更に、三味線や日舞も極めている。この事は若い時から、登山などで心身を鍛えてこれらた賜ものではないだろうか。そして人望も篤く、おごらず、高ぶらず、そして常々切れ味のいい読みものをたっぷりと聞かせてくれる。全国津々浦々の多くのお客様も、それをこころ待ちにしていらっしゃる。これからも若い人達と共に講談界の為に尽力されることを心から願っています。

ごひいきの皆様には、神田紅さんを始め一門の若い人達に惜しみないご声援を心からお願い申し上げます。

神田紅後援会「たのはぐ会」
会長 八重幡 清忠 


荻窪講談チャリティオークション震災義援金を、福島県矢吹町に寄贈いたしました!

4/12日、わたくし神田紅と、たのはぐ会八重幡会長および世話人で福島県矢吹町役場を訪問し、第4回、第5回荻窪講談にて行ったチャリティオークションで募った震災義援金を寄贈して参りました。 写真は地元紙による報道です。皆様から頂きました善意の義援金を被災地に寄贈できたことをご報告いたします。ご協力ありがとうございました。


第5回荻窪講談紅の会せまる、パンフレット完成しました!

■ 平成24年11月13日(火)
午後5時30分開場 午後6時00分開演
■ 杉並公会堂小ホール
東京都杉並区上荻1丁目23番15号JR荻窪駅より徒歩7分

出演講談師、演目はパンフレットにあります。
左の画像をクリックするとPDFファイルでパンフレットが開きます。

チケットに関するお問い合せは、
info@ogikubo-kodan.info まで