第11回荻窪講談大盛況終了!ご来場ありがとうございました!

今回も多くの皆様のお運びを頂き、第11回の公演も大盛況のうちに終演いたしました。ご来場大変ありがとうございました。恒例の「講談やってみまショー」に続き、今回はみのりの「吉岡治太夫」からの開演、表情豊かな武家物に続き、松之丞の立ち回りが激しく華やかな「芝居の喧嘩」、そして茜による奇想天外な創作講談、「初恋閻魔」は展開の読めない笑い話が会場をわかせました。仲入りでは、たのはぐ会八重幡会長がご挨拶させて頂きました。また前回に引き続き、義援金をお渡ししている福島県矢吹町の野崎町長はじめ、栗林教育長、諸根町議会議長、鈴木町議会副議長に来場頂き、町長にご挨拶頂きました。今後も支援と交流を継続し、復興支援のお助けができればと思っております。仲入り後は、昌味の「爆裂お玉」、悪党を演じ分ける「味」のある芝居につづき、大トリ神田紅。今回は、冒頭の「講談やってみまショー」で毎回皆様にやって頂いている「真田幸村大阪出陣」、お馴染みの口上も、さすがに本番の名調子は熱が入り、会場からも多くのお声を掛けを頂き盛り上がり大団円となりました。次回第12回荻窪講談は、2016年5月18日(水)開催です。次回もお楽しみ頂けるよう、演者、主催者一同尽力いたします。ぜひご来場ください。
(写真はクリックで拡大し、拡大後クリックで次に飛びます)

photo by saito(たのはぐ会)

第11回荻窪講談演目補足情報

「時代物」である講談は、時間の制約もあり長編物語の一節のみ演じられることが通常です。そのため、その物語の時代背景や大まかな全体ストーリーを知っていると、より深く講談を楽しむことができます。今回は来る11月4日(水)に行われる第11回荻窪講談の演目補足情報を掲載いたします。こちらをお読み頂き、それが演者によってどのように語り演じられるかを楽しみに、ぜひご来場ください。 ※下に講演のパンフレットPDFファイルあります。

『吉岡治太夫』    みのり

寛永宮本伝は、十七話からなる長いお物語で『吉岡治太夫』はその九話目。講談では剣豪を主人公とするお話しを総じて「武芸物」と言います。なかでも「宮本武蔵」は人気の演目ですが、同じ人物を主人公とする物語でも、流派ごとにその時代背景やストリーは異なります。神田派が伝承する『寛永宮本武蔵伝』は、絵本を元に創作されたもので、丁々発止の打ち合いの中で奇想天外な必殺技が次々と飛び出す楽しいお話しです。

『芝居の喧嘩』     松之丞

寛永年間(1624年~1644年)、江戸では幡随院長兵衛が率いる町奴と呼ばれる無法者と、水野十郎左衛門を筆頭とする不良旗本とがいがみ合いを続けていました。ある日、芝居小屋で長兵衛の身内と小屋の若い衆との間でいさかいが起こります。旗本たちは芝居小屋の若い衆を援護。喧嘩はどんどん大きくなっていく、観客も喝采を送りながらの大騒ぎ。
幡随院長兵衛のお話は、講談の中では人気の高い「侠客物」と呼ばれるジャンルです。

『初恋閻魔』   

本作は、小説家としても活躍する神田茜の「創作講談」です。創作講談の中には、歴史上の人物や、事件にスポットを当てたもの、小説や漫画など原作があるものなど、色々ありますが、茜の創作講談は現代を舞台に、実体験を元に創っています。「どちらかと言うと笑いの多い話ですので、深く考えず楽しんでいただけたらと思います」と、本人談。

『爆裂お玉』~明治白浪女天一坊    昌味

『爆裂お玉』は二代目神田山陽の得意ネタで、講談では「白浪物」というジャンルに入ります。この「白浪物」とは、盗賊を主人公とした演目。本作の背景は明治時代。お玉の悪女列伝は連続講談として楽しまれてきました。

『真田幸村大坂出陣』    

関ヶ原の合戦で真田家は、父親昌幸と次男幸村の2人は西軍に、長男信幸は東軍に分かれて戦いました。幸村親子は信州上田で秀忠の率いる3万8千の大軍を食い止めましたが西軍は惨敗。長男信幸は家康公に上田城の開城を条件に父と弟の助命を嘆願。命拾いをした幸村親子はおとなしく百姓暮らしをしておりましたがその14年後、幸村48歳の時です。大坂城の豊臣秀頼公から援軍要請。いよいよ待ちに待った時がやってまいります。


日本講談協会2月の公演予定

2月16日(月) 講談新宿亭(昼) 12時30分開場 新宿永谷ホール
出演:みのり、紅佳、茜、蘭、京子、鯉風、松鯉(仲)陽司、紫、陽子
2月16日(月) 講談新宿亭(夜) 17時30分開場 新宿永谷ホール
出演:みのり、紅佳、きらり、阿久鯉、昌味(仲)松之丞、愛山
2月18日(水) 講談広小路亭 12時開演 上野広小路亭
出演:みのり、紅佳、松之丞、昌味、愛山(仲)阿久鯉、鯉風、松鯉
2月20日(金) 日本講談協会定席 12時30分開場 上野広小路亭
出演:みのり、紅佳、真紅、きらり、阿久鯉、愛山(仲)鯉風、紅
2月21日(土) 日本講談協会定席 12時30分開場 上野広小路亭
出演:みのり、紅佳、茜、蘭、紅葉、松鯉(仲)紫、昌味
2月23日(月) 講談若葉会 12時開演 お江戸日本橋亭
出演:みのり、紅佳、真紅、松之丞、蘭、紅葉、きらり

日本講談協会2月の公演予定

2月17日(月) 講談新宿亭(昼)12時30分開場 新宿永谷ホール
出演:みのり、紅佳、蘭、紅葉、きらり、京子、松鯉(仲入り)阿久鯉、陽子
2月17日(月) 講談新宿亭(夜)17時30分開場 新宿永谷ホール
出演:みのり、紅佳、真紅、あっぷる、陽司、愛山(仲入り)松之丞、鯉風
2月19日(水) 講談広小路亭 12時開演 上野広小路亭
出演:みのり、紅佳、真紅、松之丞、昌味(仲入り)紅葉、阿久鯉、紅、松鯉
2月21日(金) 日本講談協会定席 12時30分開場 上野広小路亭
出演:みのり、紅佳、真紅、松之丞、昌味(仲入り)紅葉、阿久鯉、紅、松鯉
2月22日(土) 日本講談協会定席 12時30分開場 上野広小路亭
出演:みのり、紅佳、真紅、あっぷる、松鯉(仲入り)昌味、阿久鯉
2月24日(月) 講談若葉会 12時開演 お江戸日本橋亭 
出演:みのり、紅佳、真紅、あっぷる、松之丞、蘭、紅葉、きらり、京子

日本講談協会1月の公演予定

新年あけましておめでとうございます。
今年も荻窪講談・日本講談協会をよろしくお願いいたします。
 
1月19日(土) 日本講談協会定席 12時50分開演 上野広小路亭
出演:真紅、あっぷる、紅葉、きらり、山吹、鯉風、松鯉(仲入り)紅、紫
1月20日(日) 日本講談協会定席 12時50分開演 上野広小路亭
出演:真紅、松之丞、蘭、京子、阿久鯉、陽司、愛山(仲入り)昌味、陽子
1月21日(月) 講談新宿亭 13時開演 新宿永谷ホール
昼の部 出演:真紅、松之丞、紅葉、京子、山吹、紫(仲入り)鯉風、昌味、松鯉
夜の部 出演:真紅、あっぷる、蘭、陽司、愛山(仲入り)きらり、阿久鯉
1月25日(金) 講談広小路亭 12時開演 上野広小路亭
出演:真紅、あっぷる、松之丞、紫(仲入り)紅葉、阿久鯉、松鯉
1月28日(月) 講談若葉会 12時開演 お江戸日本橋亭
出演:真紅、あっぷる、松之丞、蘭、紅葉、きらり、京子